不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

バブル崩壊の予兆か?首都圏新築マンション市場動向

不動産経済研究所は8月16日、「7月の首都圏新築マンション市場動向」を発表。

  • 発売は30.7%減の3,317戸。契約率は63.3%、2ヵ月連続の6割台
  • 戸当り価格5,656万円、m2単価80.6万円、ともに2ヵ月連続のダウン

 

発売戸数が30.7%も減少したのにも係わらず、契約率は6割台に沈む。分譲価格、単価とも下落し始めたのは、バブル崩壊の予兆か?

ただ、これだけではよく分からないので、同研究所が過去に発表した数値データも含め、首都圏の新築マンション市場動向のトレンドを可視化してみた。


もくじ

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

発売単価は、上下動を繰り返しながら上昇トレンドにあったが、やや落ち着いてきた模様。ただ、6か月連続で80万円超えである。
販売在庫は7か月連続で6千戸を突破。

供給戸数が減少しているのに、在庫が積み上がる。すなわち「新築マンションが売れていない」状況に突入している。

f:id:flats:20160816162103p:plain

 

発売戸数の推移(1都3県)

23区に着目すると、7月の発売戸数1,309戸は、前年同月比で▲35.2%の大幅減。

f:id:flats:20160816162112p:plain

 

m2単価の推移(1都3県)

23区の発売単価は、15年7月(119.9万円)にピークを記録したあと、上下動を繰り返えしながら、低下トレンドに入りつつあるようだ。

f:id:flats:20160816162133p:plain

 

億ション発売戸数・率の推移(23区)

23区で発売された価格帯別戸数のデータが掲載されているので、14年度以降のデータをグラフ化してみた(次図)。

15年7月を境に潮目が変わって、15年7月の億ションの発売戸数が435戸と突出したのち、100戸~200戸(10%~20%)で推移している。

f:id:flats:20160816162146p:plain

 

次に、23区の新築マンションの発売価格帯を俯瞰してみよう。 

価格帯別の発売戸数割合の推移(23区)

23区の新築マンションの発売戸数は、5,000万円以下の供給割合が極端に低くなっていることが分かる。
逆に5,000万円超の供給割合が高い。

f:id:flats:20160816162153p:plain

住宅ローン金利が史上最低であろうとも、まだまだ庶民には手が出ない状況が続いている。

今はまだ買い時ではない(マン点流!不都合な真実を解説(今は買いどき?))。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.