読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

Airbnbで都心マンションの「ホテル化」が進行中

中国人所有のマンションでは今後Airbnb(エアビーアンドビー)が急速に普及し、都心タワーマンションが“中国人ホテル”化する可能性があるという夕刊フジのネット記事。

“中国人ホテル”化する都心タワーマンション 資産価値の大いなる危機

Airbnbで稼働率を上げれば、都心のタワーマンションの利回りは10%近くに達するはず。ただ、厳密な意味では旅館業法違反になる。

この儲かるシステムを中国人オーナーたちが、ただ指をくわえてみているだろうか。少々違法性があっても、儲かる手法を選ぶのが彼らの習性。だから、都心のタワーマンションが中国人利用率の高い「ホテル化」する日は近い。これは資産価値にとって大きな危惧だ。

(zakzak夕刊フジ 2015/5/31)

宿泊施設を貸し出す人向けのウェブサイトであるAirbnbは、世界的に爆発的な拡がりをみせている。

日本においても、旅館業法のグレーな障壁を尻目に、徐々に利用が拡がっているようだ。

どのような状況なのか、実際のところを確認してみよう。

 

Airbnbのサイトで「豊洲2丁目」を検索してみる。

f:id:flats:20150602061212j:plain

 

宿泊可能なマンションが14件表示された。
5,959円~38,105円と結構幅がある。

f:id:flats:20150601094803j:plain

 

そのうちの1件、豊洲シエルタワー(40階建て、総戸数565戸、2006年9月竣工)は1泊あたり10,900円(次図の赤破線囲み部分)。

f:id:flats:20150601095045j:plain

 

詳細を見てみると、10,900円のほかに、清掃料金として3,000円掛かるので、1泊の合計は13,900円。

2LDKの1泊の料金として高いのかどうなのか、階数が表示されていないこともあり(不親切!)、いまいち判断しづらい。

f:id:flats:20150601095352j:plain

 

でも、宿泊者からの評価は高い。

f:id:flats:20150602055958j:plain

 

ちなみに、この住戸のオーナーであるTenko氏(土浦第一高等学校、筑波大学卒)は、都内で7つの物件(下記写真)をAirbnbに登録している。

日本の女子、恐るべし!

f:id:flats:20150601095812j:plain

 

いまのところ、豊洲2丁目のマンションは“中国人ホテル”化されていないようだ(Airbnbに登録されていた14件に中国人と思しきオーナーは確認できなかった)。

(本日、マンション広告なし)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.