不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

空き家率 1都3県の15年間の変化が分かる地図アニメ

空き家の状況を把握するためには、総務省統計局が5年ごとに実施している「住宅・土地統計調査」データが欠かせない。

 

当ブログでも都道府県別の空き家率を可視化(地図化)した記事「空き家率」が上昇している状況を可視化(地図化)してみたや、さらにアニメ化した記事「全国の「空き家率」が上昇 衝撃のアニメーション」はとても好評だった。

ただ、これらの記事は都道府県単位のデータに基づく記事だったので、市区町村単位の地図化が期待されていた。

 

2月26日にようやく首都圏(1都3県)の市区町村データも公開された。

「第1表 居住世帯の有無(8区分)別住宅数及び住宅以外で人が居住する建物数―市区町村」データをもとに、過去15年間の空き家率(=居住世帯なしの空き家÷(居住世帯なしの空き家+居住世帯あり総数)×100)を計算し、地図化に落としたうえでアニメ化してみた。

 

f:id:flats:20150305105937g:plain

アニメ―ションの動きが早くて、各市町村の変化がよく分からないという方のために、静止画像も並べておこう。

f:id:flats:20150305110213p:plain

 

f:id:flats:20150305110222p:plain

 

f:id:flats:20150305110229p:plain

 

f:id:flats:20150305110237p:plain

 

都心部においても、全体的に空き家率が上昇している印象だ。

 

ちなみに、23区の空き家率のランキングは次の通り。

江東区の空き家率が最も低い。

  • 1位:豊島区(15.8 %)
  • 2位:大田区(14.9 %)
  • 3位:千代田区(14.0 %)
  • 4位:中野区(13.8 %)
  • 5位:港区(13.3 %)
  • 6位:新宿区(12.8 %)
  • 7位:渋谷区(12.4 %)
  • 8位:品川区(11.6 %)
  • 9位:板橋区(11.5 %)
  • 10位:中央区(11.4 %)
  • 11位:葛飾区(11.2 %)
  • 12位:墨田区(11.2 %)
  • 13位:江戸川区(10.9 %)
  • 14位:杉並区(10.6 %)
  • 15位:北区(10.5 %)
  • 16位:世田谷区(10.4 %)
  • 17位:文京区(10.2 %)
  • 18位:荒川区(10.0 %)
  • 19位:台東区(9.8 %)
  • 20位:目黒区(9.8 %)
  • 21位:足立区(9.7 %)
  • 22位:練馬区(9.6 %)
  • 23位:江東区(7.9 %)

あわせて読みたい



(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.