読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

国交省ガイドライン、販促本位の修繕費にダメ出し

修繕積立金の研究 チラシ研究

国土交通省が4月18日、「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」を公表。
マンションの分譲段階で分譲事業者設定した修繕積立金の当初月額が著しく低く設定され、必要な修繕積立金が十分に積み立てられず、修繕工事費が不足するといった事例が背景にある。


同ガイドラインによれば、新築マンションの修繕積立金の当初設定額:平均7,006円/月(平均95.4円/m2・月)(平成21年首都圏新築マンション契約者動向調査(リクルート))に対して、2倍以上の積立金が必要になる。


同ガイドラインに掲載されている「専有床面積当たりの修繕積立金額」「機械式駐車場の1台あたりの修繕工事費」を図化すると以下のようになる。

専有床面積当たりの修繕積立金額
専有床面積当たりの修繕積立金額


機械式駐車場の1台あたりの修繕工事費
機械式駐車場の1台あたりの修繕工事費


国交省から目安とはいえ、「専有床面積当たりの修繕積立金額」「機械式駐車場の1台あたりの修繕工事費」が公表されたのは画期的なことだ。
さて、これまで販促本位の修繕費を提示していたデベロッパーの反応はいかに?


関連記事

[PR] マンションチラシ解読術“販促ワザ”を見抜く法(中央公論新社)

マンション選びをされている方にはもちろん、すでに終の棲家を手にされている方にも、マンション・チラシに秘められた“販促ワザ”を読み解くという知的ゲームへお誘いする1冊です。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.