不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

モデルルーム来場者数(指数)、4月に大幅に改善

モデルルーム来場者数などの動向


本日、マンション広告なし。

    • -

今年に入ってから、「モデルルームが活況を呈している」というようなマスコミ報道を時おり見かけた。
でもこれは在庫削減のために大幅に値下げされた物件のモデルルームや、再販業者による“投げ売りマンション”のモデルルームに限った話ではないか。
(財)土地総合研究所が定期的に公表している「不動産業業況等調査結果」のデータを用いて定量的に確認してみよう。


同調査は、三大都市圏と地方主要都市で不動産業を営む業者を対象に、毎四半期(1月、4月、7月、10月)、郵送により取引状況(成約状況、取引価格の状況など)のアンケート調査によるもの。
長期的な傾向を探るべく、平成16年4月から平成21年4月(5月27日公表)までの「販売価格の動向(指数)」「モデルルーム来場者数(指数)」データをグラフ化してみた(右上グラフ参照)。
※各指数の定義は次のとおり。

  • ((増加したとする回答数)−(減少したとする回答数))÷全回答数×100
    • 「横ばいである」「変わらない」の回答は、0として計算。



販売価格の動向(指数)は、平成19年4月をピークに急降下し続けている。
一方、モデルルーム来場者数(指数)は、この4月に大幅に改善し、ようやくプラス側に転じる結果となっている。
次回7月のデータ(公表時期は8月)に要着目。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.