不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

日本初のAI搭載マンション完成

日本初のAI搭載マンションが港区芝に完成。

入居者それぞれに最適な生活環境を、AIが作り出すという。AIマンションは今後、日本で普及していくのか、あるいは一過性で終わるのか……。

日本初のAI搭載マンション完成(朝日記事)

日本初のAI搭載マンションが港区芝に完成。

AIマンション分譲 入居者の好みを学習、照明など制御

入居者の好みや習慣などを人工知能(AI)が学習し、照明やエアコンなどを自動で制御する「AI搭載マンション」が東京・芝に完成し、23日から分譲が始まった。入居者それぞれに最適な生活環境を、AIが作り出すという。

マンションは、不動産開発のインヴァランス(東京都渋谷区)が開発した。部屋や廊下の6カ所に設置したセンサーが入居者の動きや部屋の明るさ、温度・湿度などの情報を収集。センサーには、スマートスピーカーなどの機能があり、照明やカーテン、エアコンが音声で操作できる。

米国のベンチャー企業と共同開発したAIが収集した情報を学習・分析し、入居者に合わせた動きをするという。(以下略)

(朝日新聞デジタル 4月23日)

スマートホームAI「キャスパー」

芝公園駅徒歩5分、総戸数43戸、13階建ての中規模マンション。AIが搭載されている住戸は3戸。いずれも2LDKで、価格は6,980万円から。

インヴァランスは、米国のベンチャー企業Brain of Things Inc.と共同開発した日本向けのスマートホームAI「CASPAR(キャスパー)」をAI搭載マンションに導入。

住戸内の居住者の行動、習慣、嗜好を把握し、照明、カーテン、エアコンを自動で制御するという。


CASPAR プロモーションビデオ(3分23秒)

雑感

便利過ぎてキャスパー(AI)なしには生活できなくなりそうだ。ここまでくるとキャスパー(AI)に世話されているという感じ。

プロモーションビデオの若い夫婦には、子供が登場してこない。赤ちゃんや幼児がいると、キャスパーどころではないのかもしれない。

インヴァランス社が総戸数43戸のうち3戸にしかAIを導入しなかったのは、まだ様子見だからなのか。”日本初のAIマンション”として、会社の宣伝をしたかったからなのか。

気になるのは、AIマンション導入住戸を売却するときに、高く売れるのか、それとも売りにくくなるのかという点

AIマンション(スマートハウス、スマートホーム)は今後、日本で普及していくのか、あるいは一過性で終わるのか……。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.