不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


リゾートマンションの定住者増を歓迎しない自治体

1989年に琵琶湖岸に建設されたリゾートマンションに定住者が増え、300人を超す状態になっているという京都新聞の記事。

 

リゾートマンション問題(全国で最も安い中古マンションは、10万円の”ババ抜きマンション” )の解決に向かって、定住者が歓迎されているのかと思ったら、そうではないらしい。

 

リゾートマンション、禁止の定住急増 滋賀・行政サービスなく

滋賀県が掲げた「リゾートネックレス構想」の一環として、1989年に守山市の琵琶湖岸に建設されたリゾートマンションに定住者が増え、300人を超す状態になっている

建築時に市が「定住目的に利用しない」ことを条件にしたが、法的な規制ではなく、住民登録を受理するようになった。

駐車場が足りないため観光シーズンには周辺に多くの違法駐車が発生しているほか、ごみ回収など行政サービスが受けられない状態が長年続いている
(京都新聞 6月10日)

 

問題のマンションは、守山市今浜町にある琵琶湖アーバンリゾート(15階建て、3棟、総戸数約770戸)。

琵琶湖畔の景色の良さそうなところに建っている。

f:id:flats:20150610181224p:plain

市によると、当時の開発指導要綱に基づき、開発業者との間で「非定住」と取り決め、駐車場台数は世帯数の50%でよいなど建築要件が緩和された。

数年後から定住希望者が出てきたが、当初は住民登録しないよう求めていたという。

(同)

いくらデベロッパー(開発業者)と取り決めておいたって、法的拘束力がなければ実効性は担保されない。

 

同構想の廃止や転売などで販売価格が5分の1近くまで下がったこともあり、98年ごろから定住目的の購入者が増え、次第に転入届を受理するようになった

今年3月末現在、住民登録しているのは全体の約3割にあたる236世帯(325人)。

特に、ここ3年ほどで50世帯も増えた。

SUUMOで調べると、中古マンションとして12戸登録されていることが分かる(6月11日現在)。

1LDKが450万円(53.05m2)~880万円(74.93m2)、2LDKが700万円(48.52)~1,780万円(104.1m2)。

たしかに安そうだ。

f:id:flats:20150611054206p:plain

 

都市部に近いこのリゾートマンションの場合には、某リゾート地のようにゴーストマンション(やがてはスラム化)問題よりも、定住者増による駐車場・ゴミ問題の方が深刻なのであろう。

無投票で再選された宮本守山市長(東大建築学科卒、元国土交通省住宅局建築指導課長補佐)の手腕に期待しよう。

(本日、マンション広告なし)

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.