不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


首都圏新築マンション 発売単価80万円を突破するも

http://www.flickr.com/photos/21337342@N00/171209168

photo by dollie_mixtures

 

不動産経済研究所は3月16日、「2月の首都圏マンション市場動向」を発表。

  • 発売2.0%減の2,598戸も都区部は39.2%増。契約率74.5%。
  • グロス5,696万円、単価81.2万円、ともに都心大型発売で大幅UP。

この見出しだけでは、よく分からないので、同研究所が毎月発表している数値データをもとに、首都圏新築マンション市場動向のトレンドを可視化(グラフ化)してみた。

販売在庫、発売戸数・単価の推移(首都圏)

f:id:flats:20150316204622j:plain

発売単価はここ数カ月、乱高下しながらも上昇トレンド。
遂に80万円を突破し、81.2万円に。

販売在庫は2カ月連続で5千戸超え。

 

発売戸数は月変動が大きい。同月比で見ないと分かりにくいので後述。

m2単価の推移(1都3県)

f:id:flats:20150316204634j:plain

23区の発売単価は、85.5万円(12月)、84.8万円(1月)と下落の兆候かと思われたが、一気に反転して99.9万円(2月)と100万円に迫る。 

平均販売価格の上昇や都区部の供給増について同社は、「即日完売した『ザ・パークハウス西新宿タワー60』の1期1次325戸、平均価格7222万円の影響が大きい」と話している(住宅新報web 3月16日 16時54分 配信)。

 

発売戸数(1都3県の内訳)

f:id:flats:20150316204716j:plain

23区に着目すると、2月の供給戸数1,446戸は、前年同月比で39.2%の増。

 

以上のようにm2単価が大きく上昇したことは分かったが、在庫が2カ月連続で5千万戸超えだったり、23区の同月比の発売戸数が低い水準にとどまっていたり、マンション市場はまだまだ勢いに欠けている。

(本日、マンション広告なし)

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.