不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


「周遊バスツアー」や「東京湾クルージング」は百害あって一利なし

臨海部に建つ大規模な超高層マンション。

【予告広告】東京駅11分(途中快速乗換)、駅徒歩13分。総戸数600戸、33階建。販売戸数/未定、1LDK(45.94m2)〜3LDK(84.27m2)。予定販売価格2,900万円台(2戸)〜7,400万円台(1戸)、予定最多価格帯5,000万円台(55戸)。平成27年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年8カ月後)。

  • ※2012年12月1日(土)、2013年1月13日(日)・4月日6(土)の物件と同じ。

B4判ヨコ、8ページからなる変形チラシ。
1頁目に、最上階にあるオーナーが至福の時を享受できる「メインラウンジ」の完成予想CGが掲載されている。
その下には、バブリーな販促イベントの案内。

  • 周遊バスツアー 6/8(土)6/15(土) (1)11:30〜 (2)14:00〜
    • 臨海副都心の名所を貸切バスにてご案内致します。臨海副都心のおすすめスポットを探索。
  • 東京湾クルージング 6/9(日)  (1)11:30〜 (2)12:30〜 (3)13:30〜 (4)14:30〜 (5)15:30〜
    • 貸切クルーザーで東京湾周遊ツアー
    • ※悪天候などにより、中止になる場合がございますので予めご了承ください。

このイベントを見て、土曜日(6/8)に周遊バスツアー、翌日曜日(6/9)に東京湾クルージングを楽しめるなんて思われた方はいないだろうか。


マンション選びの視点から、これらのイベントに参加することで得られる有用な情報をあえて掲げるとすれば、「周遊バスツアー」によるマンション周辺にどのような施設があるのかが体感できるということくらい。
「臨海副都心の名所」が中心のツアーだろうから、清掃工場や配送センターといったネガティブな施設の存在が強調される可能性は低い。


マンションを選ぶ人にとって、知るべきことは、マンション周辺の立地環境の本当の姿とマンションの建物自体の良し悪しだ。
「周遊バスツアー」にしても、「東京湾クルージング」にしても、それらの要求に応えてはいない。
むしろ、バスやクルーザーという閉ざされた(逃げられない)空間に潜在顧客を集め、長時間にわたってセールストークを展開できる、売主都合のイベントといえる。
もし、これらのイベントの中に、サクラ(関係者)が紛れ込んいたりすると、自分の判断に影響を与えかねないので注意が必要だろう。


このように、マンションを真剣に選ぼうとしている人にとって、「周遊バスツアー」や「東京湾クルージング」は、百害あって一利なし。
まったくマンションを買う気のない人だけが、無料で楽しめるイベントと心得よう。


関連記事

(本日、マンション広告7枚)

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.