不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています

建物性能の記載がない”ハイグレードマンション”ってか

駐車場跡地に建つ中規模マンション。

【第1期先着順】大手町駅直通14分、駅徒歩4分。総戸数41戸(友の会・区民優先分譲住戸15戸・管理員室1戸含む)、7階建。販売戸数8戸、2LDK(48.55m2)〜3LDK(76.53m2)。販売価格3,988万円〜5,298万円。平成24年3月中旬竣工(本チラシ掲載日の2カ月後)。

新聞半紙大のチラシ裏面の“ハイグレード”を喧伝するキャッチコピー。

ハイグレードマンション

  • リビングダイニングにガス温水式床暖房を設置
  • キッチンをいつも清潔に保てるディスポーザーを標準装備
  • キッチンにはお手入れが簡単なガラストップコンロを採用
  • 気品漂う天然大理石貼りの玄関
  • 清潔、快適にご利用いただけるウォシュレット
  • 留守中も安心の録画機能付ハンズフリーカラーTVインターホン
  • 雨の日も洗濯に便利な浴室換気乾燥機

「ガラストップコンロ」と「天然大理石貼りの玄関」以外は、最近の多くのマンションに見られる標準的な設備・仕様なので、取り立てて「ハイグレード」というほどのものではないと思う。
チラシには、耐震性能や断熱性能、遮音性能といった、建物の性能に関わる記述が一切ないことがとっても気になる。


この物件のホームページを調べても、建物の性能に関わる記述は見当たらない。
住宅設計性能評価書を取得している物件でもなさそうだ。


こうして今日もまた、貴重なエネルギーと資源を消費しながら、首都圏展開率ナンバーワンのデベロッパーによって、“ハイグレードマンション”が建設されていく・・・・・・。

(本日、マンション広告6枚)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.