不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

余分な修飾語は無視すべし

月曜日(海の日)、マンション・チラシ1枚。

  • 6月19日(土)、7月10日(土)の物件に同じ

新宿駅直通21分、急行停車駅徒歩6分。総戸数108戸、11階建、3LDK(61.8〜77.69m2)、平成17年2月上旬竣工(7ヶ月後)。

専有面積が80m2に満たない3LDKを「永住仕様」と謳うのはどうかと思う。
あまり特徴のない都心型の中規模マンションだが、チラシの文言はかなり躍っている。

  • 「女性の意見を積極的に採り入れて、清潔さと使いやすさの質を高めました」とある。

どのような方法で女性の意見を「積極的」に採り入れたのか、具体的事実の記載がない。

  • 「くつろぎも大きいバスルーム。バスルームは大型サイズを採用」

間取り図の浴室には、「1418」と記載されている。これは、浴室の内法寸法が1.4m×1.8mであることを意味している。世の中には「1317」サイズの物件もあるが、「1418」の物件数も少なくない。
「大型」のバスルームを謳うのであれば、客観的な統計データも併記すべきだ。

上記の2つの例は、不動産業界の自主ルールである「不動産の公正競争規約」に違反しているわけではない。それだけに消費者は、日頃から余分な修飾語を無視して、チラシを客観視することが必要だ。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.