読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

都道府県の半数以上が7倍超え!新築マンションの年収倍率(2015年)

東京カンテイは7月28日、「都道府県別 新築・中古マンション価格の年収倍率2016」を発表。

新築マンションと中古マンションごとに、年収倍率、平均年収、70m2価格が都道府県別に掲載されている。

新築マンションの年収倍率

  • 新築マンション年収倍率は全国平均で7.66倍 6年連続で拡大し1992年当時の水準を上回る
  • 東京都11.30倍、神奈川県11.70倍に拡大 首都圏では1都3県全てで10倍の大台を突破

 

新築マンションの「年収倍率7以上」の自治体は26。半数を超えている。

10倍超えは1都3県に京都府を加えた4自治体。

8倍超えは11自治体に及ぶ。

f:id:flats:20160730094836p:plain

おカネが腐るほどある人以外は、新築マンションは買ってはいけない状況(マン点流!不都合な真実を解説(今は買いどき?))。

 

新築マンションの年収倍率を日本地図に落としてみた(次図)。

四国地方と中国地方の年収倍率は低いが、それでも5倍を超えている。

f:id:flats:20160730100213p:plain

 

庶民にはもはや新築マンションには手が出ない状況である。

それでは中古マンションと言いたいところだが、なかなかそうは問屋が卸さない状況のようだ。

中古マンションの年収倍率

  • 中古マンションの全国平均は5.18倍に拡大 価格上昇の加速で買いにくさに拍車
  • 三大都市圏では引き続き拡大 東京都は8.57倍でミニバブル期の最高値を大きく上回る

 

中古マンションで「年収倍率7以上」は、東京(8.57)、京都(7.53)、沖縄(7.04)の3自治体。
5倍超えは22自治体に及ぶ。

f:id:flats:20160730094851p:plain

 

中古マンションの年収倍率を日本地図に落としてみた(次図)。

四国地方と中国地方の年収倍率は低い。

徳島(3.78)、広島(3.69)であればなんとかなるかも。

f:id:flats:20160730100228p:plain

今回、東京カンテイが発表したデータは2015年のデータである。

ただ、現在でもマンションバブルは続いている(庶民には手が出ない!!首都圏新築マンション市場動向)。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2016年6月1日、このブログ開設から12周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.