不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

「ひび割れ」が急増!マンション紛争処理の争点

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターは6月9日、「住宅相談と紛争処理の状況 CHORD REPORT 2016」(PDF:1.6MB)を発表。
同センターが実施している、住宅相談、住宅紛争処理への支援業務の状況(2015年度末時点)が取りまとめられたもの。

f:id:flats:20160614085032p:plain

 

最後のページに、「紛争処理の争点になった主な不具合事象」として、「戸建住宅」と「共同住宅」のグラフが掲載されている(次図)。

f:id:flats:20160614085157p:plain

 

共同住宅について、過去の発表データもひも解き、グラフ化してみた(次図)。

f:id:flats:20160614085454p:plain

「紛争処理の争点になった主な不具合事象」としては、これまで「騒音」が圧倒的に多かったのだが、15年度に「ひび割れ」が急増している。また、「変形」の割合も増えている。

「ひび割れ」や「変形」が増えたのは、横浜のマンション傾斜問題(傾斜マンション・杭工事データ偽装問題とは何だったのか?)が大きく影響しているのではないのか。

 

今後も、「ひび割れ」や「変形」の紛争が増えるのか?

ただ、「騒音」は、殺人事件に及ぶケースもあるくらいなので(生活音トラブル殺人が高年齢化?)、今後とも「紛争処理の争点」の上位であることに分かりはないだろう。

 

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.