不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

大規模水害から身を守るために

関東・東北豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、茨城県常総市の広いエリアが甚大な被害を受けた。
先日、東京都から配布された防災ブック「東京防災」は、どちらかといえば震災が中心。「集中豪雨」や「土砂災害からの身の守り方について、各2ページの記載がある程度。

そこで、本日は洪水ハザードについて、今一度確認しておこう。


もくじ

内閣府の「防災情報のページ」に「首都圏における大規模水害の被害想定(PDF:1.6MB)」が掲載されている。
想定されているのは次の二つの河川が氾濫した場合だ。

  • 利根川首都圏広域氾濫の被害想定(平成20年3月25日公表)
  • 荒川右岸低地氾濫の被害想定(平成20年3月25日公表)

それぞれの被害想定を見てみよう。

利根川首都圏広域氾濫の被害想定(死者約2,600人)

「防災情報のページ」には、いろいろな資料で、いろいろなケースが記されているので、とても分かりにくい。
とりあえず、最新の、中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」が平成22年4月に公表した「資料1 大規模水害対策に関する専門調査会報告 首都圏水没~被害軽減のために取るべき対策とは~ 概要版PDF:1.59MB)」の頁2に掲載されているケースから。

排水施設が稼働せず、避難率が0%である最悪のケースにおいて、約86万世帯(床上:約68万世帯、床下:約18万世帯)が浸水し、約2,600人の死者が想定されている。

孤立者数は最大約110万人(2日後、避難率0%の場合)。

被害は、文字通り首都圏広域に及ぶ想定となっている。

f:id:flats:20150913163640j:plain

 

荒川右岸低地氾濫の被害想定(死者約2,000人)

上記と同じ資料の頁3に掲載されているケースから。

排水施設が稼働せず、避難率が0%で、上流部における越水氾濫を含んだ最悪のケースにおいて、約51万世帯(床上:約45万世帯、床下:約6万世帯)が浸水し、約2,000人の死者が想定されている。
孤立者数は最大約86万人(1日後、避難率0%の場合)。

f:id:flats:20150913162756j:plain

 

「利根川首都圏広域氾濫の被害想定」と「荒川右岸低地氾濫の被害想定」からは、江東区の被害想定があまり見えてこない。

江東区の被害想定を知るために別の資料をひも解こう。

江東デルタ貯留型氾濫(江東区の死者約2,200人)

荒川洪水氾濫時の人的被害想定結果(概要)PDF:4.4MB)」の頁11より。

200年に1度の洪水の発生確率に対して、墨田区の堤防が決壊し、排水施設が稼働せず、避難率が0%のケース。
死者は江東区 約2,200人、江戸川区 約600人、墨田区 約600人と想定されている。

f:id:flats:20150913164844j:plain

 

洪水による被害想定は分かった。
では洪水から身を守るためにはどうすればいいのか?

内閣府の「防災情報のページ」には、洪水から身を守る方法が見当たらない。

そこで国交省が運営しているサイト「カワナビ」に掲載されている「vol.4 水害から身を守る」から概要を紹介しよう。

水害から身を守るには


あとは、防災アプリをインストールしておけば万全か(インストールしておくべきスマホの無料の防災アプリ(8選))。

※被災された方々にお見舞い申し上げるとともに、 亡くなられた方やそのご遺族の皆様にはお悔やみ申し上げます。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.