不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

“徒歩3分”の実際は―

幹線道路沿いに建つ中規模マンション。

【予告広告】大手町駅直通14分、駅徒歩9分。総戸数52戸、14階建。販売戸数未定、3LDK(64.54m2〜73.22m2)。販売価格未定。平成21年10月上旬竣工(本チラシ掲載日の3カ月後)。



B3判のチラシ裏面に周辺施設の充実を謳うキャッチコピー。

  • 家族の快適がすぐそばに揃う幸せ。
    • 歩いて3分、大きな公園と自然動物公園。
    • 歩いて3分に大型スーパーがある暮らし。
    • ○○駅徒歩9分のスムーズアプローチ。



マンション・チラシの表示ルールに明るくない大半の人にとって、チラシに記された“徒歩時間”の短さに騙されないか気なるところだ。


徒歩による所要時間は、分速80m(端数切り上げ)で計算するのが、業界ルール。
信号での待ち時間や坂道の傾斜による割り増し時間などは、まったく考慮されていない。


上記キャッチコピーの“徒歩時間”を検証してみると――。
「大きな公園と自然動物公園公園」に行くには、2つの幹線道路を横断しなければならない。
1か所当たり90秒の信号待ちがあるとすれば、“歩いて3分”が、実際には倍の6分(=3分+90秒×2カ所)も要する。


また、「大型スーパー」に行くにも、幹線道路1つを含む2カ所の信号待ち。
よって“歩いて3分”の買い物も、信号無視をしなければ、6分かかる。


では、“駅徒歩9分”は、どうか?
こちらも幹線道路1つを含む3カ所の信号待ち。
よって、“駅徒歩9分”は、信号無視をしなければ、14分近くかかる。

(本日、マンション広告5枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.