不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

値下げをしない強気のデベロッパー


本日、マンション広告7枚。

【先着順住戸】東京駅直通16分(快速利用)、バス7分+徒歩4分。総戸数733戸、19階建。販売戸数28戸、3LDK(101.94m2)〜4LDK(148.85m2)。販売価格6,490万円〜11,230万円。平成19年12月26日竣工済み(本チラシ掲載日の1年5カ月前)。

  • ※06年9月9日(土)、07年3月23日(金)・4月20日(金)・5月5日(土)・9月29日(土)・12月15日(土)、08年4月19日(土)・6月28日(土)・8月23日(土)・12月13日(土)、09年1月3日(土)・4月4日(土)の物件と同じ。

湾岸エリアに建つ、バス7分+徒歩4分の大規模マンション。


竣工して1年と5カ月が経過。
竣工後に幾度となく「再登録受付住戸」のチラシが出されていることから、リーマンショックの影響か、平均的なサラリーマンの年収倍率5倍を大きく超えたこのマンションに手を出した方のキャンセル住戸の多さが想像される。


在庫削減のために、アウトレット価格で投げ売るデベロッパーが多い中で、大手デベロッパーのこの物件の発売単価はどうなっているのか?
『マンション・チラシの定点観測データベース』と「首都圏版マンションズ」のバックナンバーから、過去の発売履歴を調べてみた。
20090523135242
竣工して1カ月が経過して発売された第3期2次(42戸)の単価は、57.2〜 66.0万円/m2。
その後、竣工1年が経過して「新古マンション」になっても、値下げされることなく、最低単価は概ね60万円/m2をキープしたまま。
年度末の2月になって、ほんの少し最低単価が下がる(58.4万円/m2)ものの、新年度に入ると、逆に発売単価が上昇!
体力のあるこの大手デベロッパーは、強気の価格を維持しているようだ。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.