不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

契約から入居までの期間、08年は4カ月以内が約6割


本日、マンション広告なし。

    • -

リクルートが4月27日に発表した「2008年首都圏新築マンション契約者動向」については、新築マンション購入の主役が「団塊ジュニア」から「ポスト団塊ジュニアの世代へ」移ったことを4月30日(木)記事にした。


同発表資料には、「契約から入居までの期間」の数値データ付きグラフも掲載されていた。
リクルート社が作成したオリジナル・グラフが分かりにくかったので、異なるグラフで表現し直してみた。
090511 契約から入居までの期間の変化
06年よりも07年のほうが、07年よりも08年のほうが、「契約から入居までの期間」が短い割合が大幅に増加していることが分かる。
08年は、「2カ月以内」の人が全体の26.7%、「3〜4カ月」の人が全体の30.5%。
4カ月以内という意味では57.2%(=26.7+30.5)、約6割。


08年は、体力のないデベロッパーが投げ売りを始めたころ合いを見計らって、短期間で契約に漕ぎつけた人が多かったということか・・・・・・。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.