不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

分譲マンション施工単価、1年で8.5%上昇

分譲・賃貸別の平均施工単価の推移


建築専門雑誌「日経アーキテクチャ」2月25日号によれば、マンションの施工単価が上昇しているという。
首都圏の分譲マンションの販売価格が前年比で1割値上がり。
買い手が付いてこられずに、発売戸数が約2割減少の原因のひとつ。
資材・労務単価の高騰に加えて昨年6月の改正建築基準法の影響もあり、施工単価の上昇は、まだまだ続きそうだという。
マンションの施工単価は分譲、賃貸ともに上昇を続け、特に分譲は1年間で約8.5%上昇。


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.