不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

構造計算適合性判定員なんとか1,561名を確保

6月20日に施行となる改正建築基準法において創設される構造計算適合性判定(ピアチェック)の業務。
国交省が5月11日に公表した資料をみると、“追試”によって246名が追加合格。
4月3日の公表時に合格とされていた1,315名とあわせて1,561名となった。
国交省が必要と見込んでいる判定員数1,500名をかろうじてクリア。
ピアチェックの対象件名は、年間7万件が想定されている。
一人当たりにすると、年間45件(=7万件÷1,561名)。
なんとか1,561名を確保したかっこうではあるが、合格者全員が構造計算適合性判定業務に従事するかどうかは不明だ。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.