不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


身も蓋もない値下げ


本日、マンション広告5枚。

    • -

6階建てマンションの跡地に建つ11階建ての中規模マンション。

【先着順】大手町駅直通14分、駅徒歩4分。総戸数47戸、11階建。販売戸数2戸、2LDK+S(72.41m2)。販売価格4,620万円・4,750万円。平成25年1月30日竣工済み(本チラシ掲載日の5カ月前)。
※2011年10月15日(土)・10月28日(金)・11月23日(水)・12月17日(土)、2012年3月24日(土)・4月7日(土)・6月9日(土)・10月7日(日)・11月22日(木)、2013年3月22(金)の物件と同じ。

B4サイズの薄っぺらい用紙に印刷された、本日の折り込みチラシ。
竣工して5カ月近くも経過すると、もはや販促に費用をかけていられない。
しかも、6月末の第1四半期決算が迫っているので、完売が急がれる。


そんなことを感じさせるのが、チラシのオモテ面に大きく表示された次のキャッチコピーだ。

  • 5階部分 価格改定 5,020万円 ⇒4,620万円(限定1邸)+さらに諸経費100万円サービス
  • 9階部分 価格改定 5,250万円 ⇒4,750万円(限定1邸)

どちらも500万円の値下げ。
総戸数が47戸のマンションだから、すでに45戸を購入した人にとっては、面白くない値下げであろう。
文句の一つも言いたくなるのではないか。


既購入者からの反発を回避するために、よく見かけるのが「家具付きモデルルーム作戦」
売れ残り住戸に安価な家具を設置して、モデルルーム使用住戸に仕立て上げる。
「家具付きモデルルーム」であることを値下げ理由にすることで、既購入者からかの反発を免れる作戦だ。


本日の物件は、安価な家具を購入する販促費を節約したとういうことなのであろうか。
売れ残った2戸を投げ売るために、500万円値下げするという、身も蓋もないやり方。
既購入者は、500万円の値下げに対して、不公平だと憤慨すべきなのか――あるいは、値下げには目をつむって、早く残りの2住戸が完売してくれることを願ったほうがいいのか、判断が分かれるところだろう。


ちなみに、住宅・都市整備公団による値下げ販売に対して、既購入者に損害賠償請求が認められた事案がある(最高裁判決 平成16年11月18日 判例時報 1883号 62頁
一連の値下げ販売訴訟で、買主側の請求が初めて認められた事案だ。


関連記事


Facebookフェイスブック)にマンション選びのためのコミュニティサイトを開設しています。

マンション選びに関心のある方は、どなたでも大歓迎!

↓ ↓ ↓

facebook|マンション選び!

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.