不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


「都内最高層の眺望」が得られない、残り”2LDK”住戸に福はあるか

臨海部に建つ大規模な超高層マンション。

【先着順】銀座1丁目駅直通5分、駅徒歩11分。総戸数600戸、52階建。販売戸数4戸、1LDK+DEN(65.54m2)〜2LDK(66.56m2)。販売価格4,290万円〜4,730万円。平成24年12月竣工済み(本チラシ掲載日の2カ月前)。

  • ※2011年1月8日(土)・2月27日(日)・6月12日(日)・10月21日(金)・11月26日(土)・12月2日(金)・12月7日(水)、2012年1月6日(金)・1月21日(土)・1月28日(土)・4月14日(土)・5月5日(土)・5月19日(土)・6月23日(土)・7月7日(土)・8月11日(土)・11月23日(金)・12月21日(金)の物件と同じ。

新聞半紙大のチラシ裏面の、これまでに見られなかったキャッチコピー。

都心に近い、全600邸・地上52階建て対規模タワーの「2LDK」に住むという提案。

  • 2LDK+「充実の共用空間」。都内最高層の眺望も、多彩な施設利用も。
  • 2LDK+「新築分譲のクオリティ」。66m2台が、月々8万円台から。
  • 2LDK+「デザインされた生活街区」。運河沿いの「○○(=物件名)」。
  • 2LDK+「有楽町線」。快適な都心アクセス。

やたら「2LDK」が強調されている。
総戸数600戸のうち、売れ残りの4戸(抽選順)が2LDKが中心だから、「2LDK」がキーワードになっているのだ。
でも、チラシに掲載されている二つの間取りは「2LDK」と「1LDK+DEN」。
「1LDK+DEN」は、「2LDK」ではない。
DENとは、建築基準法上の有効採光窓面積が確保できないために「居室」を謳えない部屋のこと。いわゆる納戸(なんど)。納戸ではカッコウがつかないので、DENという耳慣れない言葉でカムフラージュ。


しかも、ホームページで調べると、これらの住戸番号は次の通りであることが分かる。

  • Be’-65タイプ 2LDK【909号】
  • Bj-65タイプ 1LDK+DEN【813号】

それぞれ9階と8階の住戸だから、「都内最高層の眺望」が得られるわけではない。


総戸数600戸のタワーマンションの、売れ残り4住戸(先着順)。
はたして、売れ残りに福はあるのか。


関連記事

(本日、マンション広告7枚)

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.