不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


レオパレスの悪徳商法?

会員制の総合情報誌FACTA(ザ・ファクタ)2月号。
レオパレス社の記事が4頁にわたって掲載されている。

レオパレスの「悪徳商法」 オーナーを地獄に突き落とす冷酷無比な契約解除。中国産格安建材を使った「欠陥アパート」疑惑も浮上。
「レオパレスに騙された」。こう叫ぶアパートオーナーが全国に続出している。
レオパレス21といえば、有名タレントを起用したテレビCMによって知名度は抜群に高く、大東建託に次ぐ業界2位の大手アパート建設会社だ。
30年間にわたってアパート1棟を丸ごと借り上げる「一括借り上げ契約」を謳い文句に、全国の地主に自社ブランドのアパートを建築させていった。

ところが実態は、30年間の借り上げ契約を果たすどころか、アパートの入居率が低下すると契約を一方的に解除する蛮行に及んでいる。
しかも、入居者を他のレオパレス物件に転居させてモヌケの殼のアパートを返還するため、契約を解除されたオーナーはアパートローンの返済に行き詰まる「地獄」に陥っているのだ。

さらに、レオパレス元幹部によれば、「平成7年〜8年頃に相次いで建築された物件タイプには構造上の欠陥があり、その修繕費用を逃れるために軒並み契約を解除している」という驚愕の実態まで浮上している。
(以下、省略)

この記事が本当だとすれば、堀北真希(現在のCM出演者)のイメージからは、かけ離れている。

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.