不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

分譲マンション着工戸数、回復に足踏みか


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が5月31日、「住宅着工統計(平成23年4月分)」を公表。
分譲マンションについては、次のように記されている。

マンションは10,812戸(同 11.8%増,先月の減少から再びの増加)

これだけでは、よく分からないので、グラフ化してみた。


分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
回復傾向にあった首都圏は、いまだリーマンショック以前の水準を大きく下回っていることが分かる。
ここにきて東北地方太平洋沖地震の影響で、マンション市況が再び下降に向かうことが懸念される。


分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
首都圏の分譲マンション着工戸数について、都内では1年前の最低水準からハッキリと回復の兆候が見られる。
今後、東北地方太平洋沖地震の影響がどの程度出てくるのか、要観察。


関連記事


1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.