不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

悪質広告! リフォーム事実がないのに「リフォーム」表示

首都圏不動産公正取引協議会は6月5日に発行した「公取協通信第279号(平成29年6月号)」のなかで、不動産の表示に関する公正競争規約に違反した5社に対して、厳重警告・違約金課徴の措置を講じたと発表。


もくじ

3か月連続で5社!?「厳重警告及び違約金」措置対象

5月度の「厳重警告及び違約金」措置の対象となったのは5社。

今年の1月からスタートした「厳重警告及び違約金」の措置は、3か月続けて5社となった(次図)。

「5社くらい挙げとけばいいだろう」といったことはないのか?

「厳重警告及び違約金」措置を講じられた業者数の推移

最も多い違反は「取引条件の不当表示」

1月から5月の違反件数(計25社・76件)の「内容別」の内訳を整理したのが次図。

違反で多いトップ3は、「取引条件の不当表示(19件)」、「おとり広告(18件)」、「取引内容の不当表示(17件)」。

違反件数の内訳(内容別)

「電柱ビラ広告」の違反は今月も1件だけ!?

1月から5月の違反件数(計25社・76件)の「対象広告別」の内訳を整理したのが次図。

スーモ(8件)が最も多く、次いでライフルホームズ(旧:ホームズ)(5件)、自社HP(5件)。

「電柱ビラ広告」の違反は先月に続き、今月も1件。ホントにこんなに少ないのか?

違反件数の内訳(対象広告別)

リフォーム事実がないのに「リフォーム」表示

今回晒された5社のうち、悪質さが際立っているのがD社(墨田区所在、免許更新回数(1))の賃貸物件。

リフォームの事実がないのに「リフォーム」と表示したり(2件)、存在しないものをあると表示したり。かなり悪質。

D社の取引内容の不当表示

  • 「リフォーム」
    リフォームの事実なし(2件)

  • 「光ファイバー」(2件)、「照明器具付き」(1件)、「駐輪場」(1件)、「シューズボックス」(1件)
    ⇒ いずれも存在しない

あわせて読みたい

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.