不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

新築マンション(名古屋圏・地方圏)価格動向、鑑定評価員コメント


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が11月22日、全国主要都市の計150地区を対象に四半期ごとに実施している「主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)」を公表。
比較的バイアスのかかっていない、新築マンション市況を知り得る数少ない情報ではないだろうか。
名古屋圏・地方圏の新築分譲マンションの価格動向を中心に、「鑑定評価員のコメント」を拾ってみた。


名古屋圏

  • 名古屋市(東区/大曽根)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション分譲価格は景気動向とロケーション等を考慮し各デベロッパーとも幅広い価格帯設定で顧客ニーズに対応している。住宅取得優遇策等の恩恵もあって契約率は高い。マンション分譲価格は、前期比概ね横ばいである。また東日本大震災から半年経つが販売状況等マンション市況への影響はほとんど見られない。



  • 名古屋市(昭和区/御器所)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 立地の良い物件は水準が下がっておらずマンション分譲価格は依然横ばい。総額を抑えるために面積を70〜80?とするなどの工夫が見られるが、分譲単価はそれほど下がっていない。東日本大震災後も昭和区瑞穂区の利便性のよい物件の売れ行きは比較的堅調である。



地方圏

  • 札幌市(中央区/宮の森)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 当地区には現在2棟のマンションが建築中であるが、分譲価格はまだ公表されていない。周辺地区の分譲単価は物件ごとの地域性や個別性によって格差が大きいものの、ほぼ前期の水準を維持しているため、マンション分譲価格は当地区においても横ばい傾向である。


  • 仙台市(青葉区/錦町)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 中古マンション市場は低価格帯の被災者需要と、免震構造の2000万円台半ばとで二極化しているものの、引き合いは堅調である。新築の分譲マンションは、免震構造物件等の引き合いが強いだけでなく、来年以降の建築費上昇分の販売価格への転嫁が見越されていることも関係し、約1年後の完成物件についても相当な引き合いが見られる。以上から、当地区のマンション分譲価格は下落の底打ち感からほぼ横ばい状態にある。


  • 草津市(南草津駅周辺)【マンション分譲価格:横ばい】
    • マンション立地のポテンシャルは上昇しており、今後の新規分譲価格が注目される。当地区では新規分譲事例は予定も含め現時点ではないが、マンション分譲価格はほぼ横ばい傾向にある。


  • 広島市(中区/白島)【マンション分譲価格:下落(0%超3%未満)
    • 当地区で地元業者による大型マンションプロジェクトの概要が明らかになり、以前から分譲中の物件との競争激化が予想される。同プロジェクトでの販売予定戸数は今回発表の1棟222戸のほかもう1棟計画されており、競争激化によりマンション分譲価格は下落傾向である。


  • 福岡市(中央区/大濠)【マンション分譲価格:横ばい】
    • 完成在庫、新規供給ともに順調に販売が行われているため、マンション分譲価格に大きな変動はみられず、横ばいである。但し、高級マンションについては在庫調整が進展していない物件もみられる。



関連記事


[PR] マンションチラシ解読術“販促ワザ”を見抜く法(中央公論新社)

マンション選びをされている方にはもちろん、すでに終の棲家を手にされている方にも、マンション・チラシに秘められた“販促ワザ”を読み解くという知的ゲームへお誘いする1冊です。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.