不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

「即日完売」という販促ワザ

小学校と中学校に挟まれた敷地に建つ、大規模マンション。

【第1期2次予告広告】東京駅直通13分、徒歩13分。総戸数135戸、9階建。販売戸数/13戸、2LDK(62.02m2)〜4LDK(78.74m2)。予定販売価格3,390万円台〜4,290万円台。平成22年12月下旬竣工(本チラシ掲載日の10カ月後)。

  • ※09年11月22日(日)の物件と同じ。



新聞半紙大のチラシのオモテ面に目立つコピー。

  • 第1期 即日完売
    • ご好評につき 第1期2次発表!!

チラシ裏面の「物件概要」に目を凝らせば、第1期2次の販売戸数は「13戸」と記されている。
では、「即日完売」したという第1期の販売戸数は何戸だったのか?


『マンション・チラシの定点観測データベース』で調べると、2月19日に出された「本広告」で、第1期として55戸が発売されていたことが分かる。
55戸といえば、総戸数135戸の4割だ。
4割もの住戸が「即日完売」とはスゴイではないか!


でも、そんなによく売れているのに、なぜ、「第1期」の次が「第2期」ではなくて、「第1期2次」のような小刻み販売になるのか?
過去のチラシを詳細に調べてみて、興味深い事実を観測することができた。


1月9日の第1期の「予告広告」では、「本広告」を「1月中旬」に出す旨が予告されていた。
ところが、1月15日の第1期の「予告広告」では「2月中旬」に延期。
さらに、2月5日の第1期の「予告広告」では「2月下旬」にまた延期。
そして、今度は「2月下旬」を待つこともなく、2月19日に第1期の「本広告」が出された。


驚いたことに、その「本広告」には、次のように記されていたのだ。

  • 2/20(土)・21(日)第1期登録受付
    • 登録受付期間/平成22年2月20日(土)・2月21日(日)
    • 登録受付時間/2月20日(土)10:00〜18:00、2月21日(日)10:00〜16:00
    • 抽選日時/2月21日(日)17:00〜



これらの観測事実から、「即日完売」を演出する“販促ワザ”が推察される。
すなわち、次の通りだ。
「予告広告」でモデルルームに集客し、ある程度の販売戸数の目途が立ったところで「本広告」を出した。
当初予定より1カ月遅れで販売戸数55戸の「本広告」が2月19日(金)に出されたかと思いきや、翌日の土曜日に登録受付開始、日曜日の17時には抽選という、あまりにも短期間での処理が「即日完売」を演出する“販促ワザ”を感じさせるのだ。


さて、第1期の55戸販売から、13戸販売に激減した第1期2次の「予告広告」。
「本広告」が出されるのは「3月中旬」の予定となっている。
ふたたび「即日完売」を演出できるか? 要観察。

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.