不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

発売戸数上位20社のシェア増加が意味するところ

上位20社の合計販売戸数のシェアの変化


不動産経済研究所が2月22日、「2009年の全国マンション市場動向」を発表。
全国主要都市で発売された民間マンションは前年比18.8%減の7万9,595戸。
発売戸数が8万戸を割ったのは1992年以来17年ぶり。


事業主別の供給戸数は2年連続で大京がトップ(4,091戸)。
次いで住友不動産(3,959戸)、3位が藤和不動産(3,587戸)。
※トップ20社については、下記参照。


興味深いのは、上位20社のシェアが08年(43.4%)⇒09年(49.3%)と、増加していることだ(右上グラフ参照)。
大手の寡占化が強まっている。

  • 順位事業主(戸数)
  • 第1位:大京(4,091)
  • 第2位:住友不動産(3,959)
  • 第3位:藤和不動産(3,587)
  • 第4位:三井不動産レジデンシャル(3,002)
  • 第5位:穴吹工務店(2,678)
  • 第6位:野村不動産(2,604)
  • 第7位:コスモスイニシア(2,407)
  • 第8位:三菱地所(2,188)
  • 第9位:大和ハウス工業(2,076)
  • 第10位:穴吹興産(1,523)
  • 第11位:名鉄不動産(1,391)
  • 第12位:東京建物(1,349)
  • 第13位:東急不動産(1,312)
  • 第14位:伊藤忠都市開発(1,181)
  • 第15位:近鉄不動産(1,067)
  • 第16位:ゴールドクレスト(1,042)
  • 第17位:マリモ(1,005)
  • 第18位:積水ハウス(958)
  • 第19位:ナイス(947)
  • 第20位:エヌ・ティ・ティ都市開発(901)
[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.