不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

民主党マニフェスト、「環境に優しく、質の高い住宅の普及を促進」

昨日の住宅政策に係る自民党のマニフェストに続き、本日は、民主党のマニフェスト(※下記参照)を見てみよう。
政権交代に合わせて、「住宅政策を転換して、多様化する国民の価値観にあった住宅の普及を促進する」という。
その具体策として「リフォームを最重点に位置づけ」ていることから、新設よりもストック(既設)を大切にしていこうという発想は、省資源の観点から理解できる。
では、現在、野放図に建設され続けている“売り逃げマンション”に対しては、どうするのか?


二つ目の具体策として「建築基準法などの関係法令の抜本的見直し」「住宅建設に係る資格・許認可の整理・簡素化」が掲げられている。
昭和25年に制定された建築基準法。
60年近く経過した、複雑に絡み合ったこの法律を“抜本的見直し”するには、かなりの困難が予想される。
耐震偽造事件を踏まえ、07年6月20日に施行された改正建築基準法の二の舞(官製不況あるいは“冬柴不況”)にならないよう要注意だろう。

■環境に優しく、質の高い住宅の普及を促進する

  • 【政策目的】
    • 住宅政策を転換して、多様化する国民の価値観にあった住宅の普及を促進する。
  • 【具体策】
    • リフォームを最重点に位置づけ、バリアフリー改修、耐震補強改修、太陽光パネルや断熱材設置などの省エネルギー改修工事を支援する。
    • 建築基準法などの関係法令の抜本的見直し、住宅建設に係る資格・許認可の整理・簡素化等、必要な予算を地方自治体に一括交付する。
    • 正しく鑑定できる人(ホームインスペクター)の育成、施工現場記録の取引時の添付を推進する。
    • 多様な貸賃住宅を整備するため、家賃補助や所得控除などの支援制度を創設する。
    • 定期借家制度の普及を推進する。ノンリコース(不遡及)型ローンの普及を促進する。土地の価値のみでなされているリバースモーゲージ(住宅担保賃付)を利用しやすくする。
    • 木材住宅産業を「地域資源活用型産業」の柱とし、推進する。伝統工法を継示する技術者、健全な地場の建設・建築産業を育成する。

(本日、マンション広告なし)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.