不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

買いか待ちか、専門家の見方


本日(休刊日)、マンション広告なし。

    • -

昨日の日経新聞、「こんな時代のマイホーム選び(上)」の記事。
「買いか待ちか」専門家の意見を以下に抜粋しよう。

  • 板根康裕氏(『住宅情報スタイル』『都心に住む』元編集長)
    • 本当にマイホームを探している人にとって、09年ほど幸運な時期はない。
    • 理由:(1)住宅ローン金利が低い、(2)09年から住宅ローン減税が大幅に拡充される、(3)物件が豊富に出回っている。
  • 幸田昌則氏(不動産市況アナリスト。『失敗に学ぶ不動産の鉄則』の著者)
    • 90年は価格バルブだったが、現在は供給バルブ。需給関係は完全に崩れており、今後も在庫が膨らんでいく。
    • 子供の進学などで特に購入を急ぐ理由がないならば“待ち”の時期。
  • 宮川淳子シニアアナリスト(新生証券債券調査部)
    • 市場環境からは個人がマイホームを買う好材料が見当たらない
    • 大企業でも雇用が深刻化し、個人の所得水準が下がっている。住宅価格の底入れは通常より後ずれして、2010年ごろになるだろう。
  • 碓井民朗氏(元東急設計コンサルタント設計部長)
    • 最近発売されたマンションは価格よりも品質面に注意が必要。
    • 全体の0.1%程度しか本当に買ってもいいと思える物件はない

『住宅情報スタイル』『都心に住む』の元編集長である板根康裕氏以外は、今は買い時でないということで、意見が一致している。
もちろん、筆者も今は買い時ではないと考えている(01月12日(月) 新築マンション、今は買い時ではない)。

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.