不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

オリンピック選手村近くに建つ超高層マンションは―

オリンピック選手村(C)東京都


日曜日、マンション広告2枚。

  • ※11月9日(日) の物件と同じ。

【予告広告】豊洲駅直通5分、駅徒歩10分。総戸数483戸、33階建。販売戸数未定、1LDK(44.80m2)〜3LDK(129.61m2)。販売価格未定。平成22年3月中旬竣工(本チラシ掲載日の1年2カ月後)。

オリンピック選手村近くに建つ、超高層マンション
物件概要に目を凝らすと、この物件の建築確認が下りたのが平成20年1月31日。
今から1年前であることが分かる。
すでにマンション不況が鮮明になっていた時期であるにも係らず、ずいぶんとチャレンジングな投資だ。
しかも、すぐ南西側には、3年前(平成18年3月)に竣工済みの27階建のGGマンションがそびえている。
北東側の眺望を遮られることになるGGマンションの住人からすれば、とんでもない計画といえよう。
なぜ、そこまでして、超高層マンションを建てようとするのか?
2016年開催予定の東京オリンピック絡みか・・・・・・。



ちなみに選手村には高層の宿泊棟5本が計画されている(東京都「第31回オリンピック競技大会い開催概要計画書の提出について」平成18年6月30日)。
宿泊棟の建設には民間資金を導入し(東京都「『2016年東京オリンピック基本方針』の策定について」平成18年5月12日)、オリンピック終了後は民間に売却する(東京都「2016年東京オリンピック開催基本計画発表会」平成19年11月19日)という。
民間活力頼みの、このバブリーな計画に脱帽!

よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ マンションへ 人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.