不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

デベロッパーの行政処分歴を確認しよう

http://d.hatena.ne.jp/images/diary/f/flats/2008-05-18.jpg

【本広告】東京駅直通13分(快速利用)、駅徒歩16分。総戸数32戸(管理事務室1戸含む)、11階建。販売戸数6戸、2LDK(60.41m2)〜3LDK(73.60m2)。販売価格3,580万円〜4,580万円。平成20年1月17日竣工済み(本チラシ掲載日の4カ月前)。

“カタログ設備”満載の竣工済みの小規模マンション。
2カ月前の第1期本広告では販売戸数が5戸(3LDK)となっていた。
でも、本日の広告では販売戸数が6戸に増えている。
この2カ月の間に2LDK(60.41m2)1戸がキャンセルされたということか・・・・・・。
駐輪場が有料なのに駐車場を“100%設置 月額0円”の販促ワザを弄している新興デベロッパー。
この新興デベロッパーで大丈夫なの? と感じたら――。
過去5年以内に受けた行政処分歴をネットで調べる方法がある。
東京都が平成15年3月からネットで提供している「宅地建物取引業者の免許情報提供サービス」だ。
デベロッパー名(または免許証番号や市区町村名)を入力するだけで、デベロッパー(=宅地建物取引業者)の当初の免許年月日と現在の免許の有効期間、資本金、過去5年以内に受けた行政処分歴などを知ることができる。
東京都知事免許業者だけでなく、都内に主たる事務所(本店)がある業者で、国土交通大臣が免許した業者情報も照会可能。


よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.