不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

大都市圏のマンション着工数は回復基調だが

住宅着工統計より作成


国土交通省が12月27日に発表した11月の住宅着工統計には、数値データと一部のグラフとともに、次のように記されている。

11月の住宅着工は、主として改正建築基準法の施行(6月20日)の影響により、前年同月比で減少となっているが、総数は前月比で2カ月連続の増加となっている。

上記表現に間違いはないのだが、数値データを“見える化”してみると、分譲マンションの着工数が、前年同月に比べて激減している深刻な状況がよく分かる。
国交省が矢継ぎ早に放った対策が功を奏してか、三大都市圏の分譲マンション着工数の前年同月比は、9月で底を打っているが、11月時点でもまだ−55.7%とマイナス。
地方においては、まだまだ底が見えず、11月時点で−90.2%。
−100%を割り込む勢いである。
国交省は、昨日(12月28日)、「建築確認円滑化に向けた年内の業務体制」として、
年末31日まで電話対応に備え、建築指導課内に2名が待機することなどを公表している。


最後までお読みいただき ありがとうございます。
よろしかったら 応援のクリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.