不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

都知事選とマンション

出所:東京都選挙管理委員会ホームペー


本日は、都知事選の投票日。
主な候補者の公約の中から、特にマンションに関係しそうな内容を各候補者のホームページから拾ってみた。
(以下、アイウエオ順)

浅野史郎

  • 第2 章震災で犠牲者を出さない東京〜 都民のいのちを守る
    • 【すぐにやります】政策1 耐震改修促進計画(素案)の見直しに着手します。
    • 【1年以内にやります】政策7 マンションへの耐震診断助成を拡充します。


石原新太郎

  • 世界一安心・安全な首都、東京を実現します。
    • (前略)防災に強く、子供やお年寄りが安心できる「世界一安心・安全な首都、東京」を実現します。


黒川紀章

  • 【公約の第13番目】東京を安全な、防災都市にします。

(以下、2007.3.27東京防災計画緊急提言から)

    • 防災都市計画を直ちに実施する。
      • 地震後の火災延焼が死傷者の大半の原因なので、都内にできるだけ多くの常緑樹林帯(巾最低10m)及びミリフォレスト(常緑樹の密集林)をつくること。
      • これまでの実験から巾20m〜100mの運河が延焼防止に役立つので、運河の埋め立てを直ちに止め、新しい運河をつくる。
      • 木造2階建ての倒壊が死傷者、特に老人、身障者、幼児死傷の原因なので、その耐震化、及び耐火構造への改築へ補助舎を創設する。
    • 建築の耐震性を確保するため
      • 都の確認申請図書を電子ファイルとして永久保存する。
      • 一級建築士 イコール 営業許可ではない。命を守る営業としての一級建築士設計事務所を都への登録制から、審査による許可制とする。
    • 耐震性能を診断する。
      • 特に旧基準法による構造物については、地震による被害が考えられるので、まず耐震診断に都が助成する。
      • 構造物の長周期の振動解析がまだ研究の途中である。今後、特に超高層構造物に対する安全性の研究を東京都がリーダーシップをもって進める。又、首都大学東京(国際東京大学と改名)内に防災研究所を設立する。


吉田万三

  • 都市型災害から、都民のいのちと財産を守る緊急総合対策をすすめます
    • 地震被害を最小限にするという予防の立場で、東京都の震災対策を抜本的に転換します
    • 東京直下型地震の発生の確率は、10年以内に30%、30年以内に70%と予想されています。震災対策はまったなしの緊急対策が求められています。
    • 耐震診断をおこない、毎年1万戸の木造住宅耐震化をすすめます(上限1戸75万円助成)。マンションの耐震助成をすすめ、低利の融資をおこないます。長周期地震動対策、大規模複合施設、地下鉄、地下街、臨海部埋め立て地対策、帰宅困難者対策などを確立します。
[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.