不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

都内初オール三ツ星?

マンション環境性能表示マップ

日曜日、マンション広告2枚。

大手町駅直通8分、駅徒歩9分。総戸数127戸、14階建。販売戸数未定、2LDK(70.29m2)〜4LDK(119.91m2)。予定販売価格4,000万円〜。平成19年12月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年8カ月後)。

大規模都市公園のすぐそば、地上14階建ての大規模マンション。
全住戸南向き、更新性の高いSI(スケルトン・インフィル)、外断熱工法オール電化、制振構造(免震ではないが、耐震性は高い)など、文句のないほどに高仕様な物件だ。
そのぶん分譲価格も高め。

  • 都内初オール三ツ星
    • 東京都のマンション環境性能表示制度で最高評価を達成。
    • 東京都の「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」に新設された「マンション環境性能表示」において、〇〇(=物件名)は都内のマンションで初めて全項目で三ツ星を達成。
    • 断熱性、省エネ性、耐久性、緑の多さなど、邸宅としてのクオリティの高さを実現しました。

「マンション環境性能表示制度」とは、簡単にいうと延床面積10,000m2超(概ね住戸数100戸以上)のマンションを対象として、「建物の断熱性」「設備の省エネ性」「建物の長寿命化」「みどり」の4つの項目評価について、販売広告への表示を義務付けたもの。
平成17年11月以降、建築確認申請の30日以上前に「建築物環境計画書」が提出された都内の物件が対象。
だから、同制度が適用された物件はまだそれほど多くないはずだ。
念のために、都環境局のホームページで同制度の適用物件を調べてみた。
平成17年の適用実績は、「オール二つ星」の「ペルディオ三鷹レジデンス」の一件だけ。
「平成18年度の届出はありません(平成18年4月27日現在)」と表示されている。
ということは、本物件の「都内初オール三ツ星」というのは間違いでないにしても、いささか大げさな表現だ。
スタートダッシュで、届出の早い順位を確保しているにすぎないのではないか―。
ちなみに、マンション環境性能表示の適用物件の評価内容は、東京都環境局のホームページで確認できる。



マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)と感じた方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキング



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.