不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


2019参院選結果|都内の投票率を可視化

2019年の参議院議員選挙の投票率は48.80%で50%を切り、戦後2番目の低さだった。

都民の投票行動はどうだったのか、東京都選挙管理委員会が公表したデータをもとに可視化してみた。


もくじ

丸川氏(自民)が114万票でトップ当選といわれても、投票率が低くて話にならない。
主犯は NHKを筆頭にマスメディア……。

2019参院選得票数の内訳_東京都選出(6人)

区内の投票率ワースト3は足立・江戸川・港

区ごとの投票者数・投票率を次表に示す。

ベスト3は、文京区(59.0%)、千代田区(55.6%)、北区(55.5%)。

ワースト3は、足立区(46.4%)、江戸川区(47.0%)、港区(48.1%)。

2019参議院議員選挙 投票者数・投票率

これだけではよく分からないので、投票率を地図に落としてみた(次図)。

区内では北・荒川・台東の投票率の高さが目立つ。北多摩地区あたりも相対的に投票率が高い。

2019参議院議員選挙の投票率(東京都選挙区)

自民得票率40%超えは千代田・中央

党派別の得票率を次表に示す。

区内の得票率は自民が圧倒的で、立民、公明、共産と続く。

れいわ新選組の躍進が報じられているが、区部では維新の得票率のほうが若干高い(維新8.7%>れいわ8.3%)。

2019参議院議員選挙 党派別得票率


自民党の得票率が40%を超えたのは次の2区。

  • 1位:千代田(44.1%)
  • 2位:中央(40.3%)

立憲民主党が20%を超えたのは次の2区。

  • 1位:中野(20.7 %)
  • 2位:杉並(20.3 %)

党派別得票率マップ

党派別得票率データを地図に落としてみると、各党の支持層に地域的な偏りがある様子が見えてくる。

自民党支持層は、23区の東側と西多摩地区に偏っている。北多摩地区での弱さが目立つ(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(自民)

 

立憲民主党の支持層は、区内西部と北多摩地区あたりに偏っている。城東地区での弱さが目立つ(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(立民)
※自民の図とは投票率のスライス・レベル(区分の幅)が異なっていることに要留意(以下の図も同じ)

 

公明党の支持層の分布は、自民と真逆になっているように見えなくもない(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(公明)

 

共産党の支持層の分布は、公明党の支持層の分布に近いように見えなくもない(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(共産)

 

日本維新の会の支持層の分布は、城南地区あたりに偏っている(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(維新)

 

れいわ新選組の支持層は、区内西部に偏っている(次図)。

2019参院選 東京都比例代表の得票率(れいわ)

 

だからどうだという結論めいたことは特にない。

投票率や党派別得票率に地域性があるのではないかと思い、各データを可視化してみた。何かの参考になれば幸いである。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.