不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

都内の用途地域をネットで簡単に調べる方法

駅チカの南北に長い敷地に建つ小規模マンションの広告。

物件概要

【予告広告】新宿駅直通32分、駅徒歩2分。総戸数35戸(うち、提携企業勤務者向け分譲3戸含む)、5階建。販売戸数/未定、1LDK(41.35m2)~3LDK(81.59m2)。販売価格/未定。平成30年6月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年後)。

「駅近の静域」が売り。

駅徒歩2分の静域に豊かな日々を描く、穏やかな時に満ちるレジデンス。

駅に近いのに「静域」なのは、敷地から大通りへ通じる経路が細長いがゆえ。

「物件概要」をよく見ると、用途地域が3種類(第一種住居地域、第一種中高層住居専用地域、近隣商業地域)記載されている。

いったいどんな敷地なのか?

都内の用途地域をネットで調べる方法(無料)で確認してみよう。

まず、東京都都市整備局が運営している「都市計画情報等インターネット提供サービス」にアクセスし、「地図を表示する」をクリックする(次図)。 

都市計画情報等インターネット提供サービス

 

「システムご利用条件」のページが開いたら、「同意する」をクリックする(次図)。 

同意する

 

都内の地図が開いたら、調べたい物件のある市区町村名をクリックする(次図)。

都市計画情報 トップ位置図

 

都市計画情報マップが開いたら、調べたい物件のある場所を探す。

次図は本物件の敷地を含む用途地域図。 

用途地域図

 

上図に本物件の敷地を重ねたのが次図。

たしかに敷地が3種類の用途地域(第一種住居地域、第一種中高層住居専用地域、近隣商業地域)にまたがっていることが確認できる。

物件位置図

あわせて読みたい

(本日、マンション広告3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.