不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

水と緑が演出された外観CGには要注意

老朽化した立体駐車場の跡地に建つ大規模マンション。

【予告広告】大手町駅直通10分、駅徒歩10分。総戸数125戸(非分譲住戸2戸含む)、14階建。販売戸数/未定、2LDK(61.12m2)〜4LDK(86.67m2)。販売価格/未定。平成27年2月下旬竣工(本チラシ掲載日の1年1カ月後)。

新聞半紙大のチラシのオモテ面に、水と緑を演出した外観CGが掲載されている。
こんな感じ。
チラシに掲載された外観CG
チラシ裏面にも水と緑が繰り返し謳われている。

水と緑の潤いに溶け込む、颯爽として佇まい。
水と緑の潤いあふれる公園に寄り添う場所。

でも、グーグルマップで調べてみると、実際にはこんな感じ。
グーグルマップで調べてみると実際にはこんな感じ
このマンション東側には隣接して公園と6階建て(?)の障碍者福祉センターがあるのだが、チラシのCGでは障碍者福祉センターのほうは親水公園の樹木で覆われていて認識できない。


チラシの外観CGは、マンションの東側、親水公園の樹木越しに撮影した写真に合成されているので、「水と緑の潤い」を連想させる効果が生み出されていたのだ。
現実には、マンションの南側には幹線道路(4車線)が走っているので、車の騒音・振動、排気ガスに寄り添そっていかなければならない場所であることにも注意しよう。


本日の格言。
「水と緑が演出された外観CGには要注意」


関連記事

(本日、マンション3枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.