不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

首都圏分譲マンション着工戸数、回復途上


本日、マンション広告なし。

    • -

国土交通省が9月30日、「住宅着工統計(平成23年8月分)」を公表。
平成23年8月の住宅着工の動向について次のように記されている。

  • 厳しい雇用・所得環境等が継続しているものの、東日本大震災発生後に低下したマインドが徐々に改善してきているものとみられる。


  • 今後の先行きについては、雇用・所得環境等の推移、東日本大震災からの復興状況が我が国経済全体に及ぼす影響を引き続き慎重に見極める必要がある。

特に、分譲マンションについては、次のように記されている。

  • (分譲マンション)
    • 前年同月比では5か月連続の増加(前年同月比61.6%増)

これだけでは、よく分からないので、グラフ化してみた。


分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
分譲マンション着工戸数の推移(三大都市圏別)
リーマンショックから回復傾向に向かいつつあることが分かる。
東北地方太平洋沖地震の影響が懸念されたが、何とか回復傾向を維持しているようだ。


分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
分譲マンション着工戸数の推移(首都圏)
首都圏の分譲マンション着工戸数について、都内では1年前の最低水準からハッキリと回復の兆候が見られる。
ただ、千葉県は大きく落ち込んだままなのは、東北地方太平洋沖地震の影響か・・・・・・。
神奈川県は6月、都内の着工戸数を上回ったものの、7月以降はその反動か、大きく下落したままだ。






関連記事


[PR] マンションチラシ解読術“販促ワザ”を見抜く法(中央公論新社)

マンション選びをされている方にはもちろん、すでに終の棲家を手にされている方にも、マンション・チラシに秘められた“販促ワザ”を読み解くという知的ゲームへお誘いする1冊です。

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.