不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

竣工1年超未入居の“中古マンション”の損得勘定

NPO法人が運営している、無料で専門家に質問できる稀有なサイトに「マンションってどうよ?(関西版 関東版)」がある。
筆者も専門家のひとりとして、消費者のニーズ把握を兼ねてときどき回答している。


最近の回答から:
※消費者からの質問は要点のみ。

■質問<竣工後一年したら中古マンション
竣工後一年以内の売れ残り物件を購入した場合の損得についての質問。

■筆者の回答
転売される“中古マンション”については、(1)価格が安い、(2)現物を見て選べる、(3)即入居できる、(4)お隣さんを確認できるなど、メリットがてんこ盛り。
特質すべきデメリットといえば、前に住んでいた人の手アカが気になることくらいです。
一方、竣工後一年経過した未入居の“新古マンション”は、“中古マンション”とは似て非なるものです。
“新古マンション”が売れ残りたるゆえんを確認することが重要です。
「新古マンション(=売れ残り)に福は無い」ことを肝に銘じたほうがよさそうです。

(本日、マンション広告1枚)

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.