不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

“マンション密度”トップは今年も中央区

“マンション密度”トップは今年も中央


本日、マンション広告なし。

    • -

昨日の続き。
東京カンテイが1月28日に公表した「都道府県・主要都市のマンション化率2009」データの中から、23区の“マンション密度”を計算してみた。
“マンション密度”とは、行政面積あたりの竣工済みマンション戸数の割合で、筆者の造語。
マンションがゴチャゴチャと多い区は、どこなのか知りたくで調べてみた。


トップは、昨年と同じ中央区で、km2当たりの戸数が4,790戸(昨年は4,596戸)。
トップ7は昨年と同じ。しかも、km2当たり3,000戸を上回っているのも昨年と同じこのトップ7。

  • 第1位:中央区
  • 第2位:新宿区
  • 第3位:港区
  • 第4位:文京区
  • 第5位:渋谷区
  • 第6位:豊島区
  • 第7位:台東区

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.