不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

小学校児童数の増加率トップ10の区は―

公立小学校児童数の地区別推計


昨日の朝日新聞(夕刊)の見出し。

  • 都心の教室 足りない
    • マンションラッシュ 小学校直撃
    • 先読めぬ中、増築・間借り

都心部で続く超高層マンションの建設ラッシュを受け、周辺地域の小学校では校舎の新・増築が相次いでいるという。
同記事に東京都教育委員会の調査として、公立小学校児童数の大きな増加が見込まれる5つの区(港区・荒川区・江東区・豊島区・中央区)のデータが紹介されていた。
筆者も東京都教育委員会ホームページで公開されている「平成18年度 教育人口等推計(速報値)」から「第3表 公立小学校児童数の地区別推計」を追ってみた。
平成18年度の児童数(実数)に対して、5年後の平成23年度の児童数(推計)の増加率トップ10は、次のとおり。

  • 1位:港区(46.8%)
  • 2位:荒川区(25.9%)
  • 3位:江東区(25.4%)
  • 4位:豊島区(21.1%)
  • 5位:中央区(21.0%)


  • 6位:品川区(13.5%)
  • 7位:文京区(10.9%)
  • 8位:台東区(9.4%)
  • 9位:千代田区(7.0%)
  • 10位:世田谷区(4.8%)

増加率が20%を超えている区は、港区・荒川区・江東区・豊島区・中央区の5つ。
大規模マンション建設が地域社会に与える影響は小さくない。


マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.