不動産情報ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選び(購入・賃貸)のためのお役立ち情報を発信しているブログメディア

キュービックプランは奇策か

キュービックプラン
金曜日、マンション広告7枚。

東京駅直通29分(快速利用)、駅徒歩19分。総戸数37戸、10階建。販売戸数未定、3LDK(69.12m2〜80.03m2)。販売価格未定。平成19年9月末竣工(本チラシ掲載日の8カ月後)。

鉄道と首都高に挟まれた敷地に建つ、小規模マンション。

  • キュービックプランで、専有面積以上のゆとりを実感。
    • ワイドスパンの採用で実現した、正方形に近い住戸。
    • 一般的なプランに比べて、専有面積は同じでも、色々な魅力があります。

間取り図のひとつは、“ワイドスパン8.8m”の間口と“ワイドスパン9.9m”の奥行きをもつ角住戸(B-type)。
もうひとつの間取り図は、“ワイドスパン8.7m”の間口と“ワイドスパン9.9m”の奥行きをもつ角住戸(D-type)。
たしかに、一般的な長方形プランに比べて、かなり正方形に近い。
正方形に近いから、リビングや和室(または洋室)が窓に接する長さが長い。
正方形プランは珍しいので、よく見る長方形プランよりもインパクトがある?
鉄道と首都高に挟まれた敷地に建つ短所をリカバーするための奇策か・・・・・・。
ちなみに、広告に掲載されている間取り図B-typeと D-typeはいずれも見栄えのする角住戸。
A-type(北側角住戸)と C-type(中住戸)は、掲載されていない。



マンション選びのお役立ち情報を広く世の中に伝えたい。
本日の記事に、その価値あり(あるいは、マアマアかな)という方は、クリックを!
 ↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ



[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.