不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

需給バランスがとれてきた?

販売在庫数と分譲単価の関係


本日、マンション広告なし。

    • -

昨日の続き


不動産経済研究所が9月14日、8月の首都圏マンション市場動向を発表。
昨日の記事で、「在庫処理は順調」なのだが、先月明るい兆しが見えかけた「発売戸数」「発売単価」が、再び下落に転じている、と記した。


昨日のグラフとは、違った整理をしてみた(右上グラフ参照)。
縦軸に「販売在庫」、横軸に「分譲単価」。


販売在庫数が減少していくのに対して、分譲単価は増減を繰り返している。
ただ、赤色の矢印で示したように、販売在庫数が減少していくにつれて、分譲単価がわずかながら上昇しているようにも見える。
供給量が減少(=在庫が減少)するにつれて、需要量が追いついてきた(=分譲単価が上昇)ということなのか?
あるいは一時的な傾向なのか?
要経過観察だろう。

1日1回、応援のクリックをお願いします。

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2017年6月1日、このブログ開設から13周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.