不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

米国のメジャーな不動産情報サイトはどこか?

不動産情報サイトといえば、国内ではSUUMO(スーモ)とLIFULL HOME'S(ライフルホームズ)が2強。

ではアメリカで、メジャーな不動産情報サイトはどこなのか?


もくじ

米国の不動産情報サイト人気ランキング

「サービスの人気度=サイトアクセス数(PV)の多さ」と定義して、不動産情報サイトの人気ランキングをまとめてみた。

他人のサイトのアクセス解析ができるSimilarWebを使って、アクセス数の推移を可視化したのが次図。

Zillowがダントツで1.9億PV(6月)。5位のスーモは0.2億PV(同)。一桁違う。

日本の人口1億2千659万人(18年7月、統計局)に対して、アメリカの人口3億2千805万人(18年7月、 アメリカ合衆国国勢調査局)が約2.6倍であることを考慮しても、ZillowのPV数が圧倒的に多いことが分かる。

主な米国・日本の不動産情報サイト (アクセス数の推移)

以下、PVの多い順に各サイトの概要をご紹介。

1位:Zillow

Zillow
https://www.zillow.com/

06年サービス開始。創業者は元マイクロソフトの役員。15年、Trulia(3位)を買収。

全米を対象とした不動産情報サイト。広告を販売することで収入を得るビジネスモデル。

現在の推定価格(Zestimate(Zillow+estimate))だけでなく過去の価格の推移(1年、5年、10年)や物件の航空写真、近隣地域の類似物件なども表示される。

2位:Realtor.com

Realtor.com
https://www.realtor.com/

95年サービス開始。
広告を販売することで収入を得るビジネスモデル。

MLSの97%が表示されているという。

※MLS(Multiple Listing Services)は、間取りなどの基本情報に加え、公図、登記履歴、税金履歴のほか、洪水マップ、学校区情報、近隣の物件情報、関連する国勢調査データなども閲覧することが可能。しかも、一部のデータは消費者にも公開されている。

3位:Trulia

Trulia
https://www.trulia.com/

95年サービス開始。15年、Zillowに買収された。

4位:Redfin

Redfin
https://www.redfin.com/

04年サービス開始。

Zillowなどと異なり、売主からの手数料で収入を得るビジネスモデル。通常のエージェントに支払う手数料(2~3%)よりも安い(1~2%)ことと、手数料の一部を売主に還元することが特徴。

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2018年6月1日、このブログ開設から14周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.