不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


人事院情報!民間企業の社宅の月額使用料

人事院は9月28日、「平成28年民間企業の勤務条件制度等調査結果」を公表。

「休暇制度」だけでなく「社宅の状況等」の調査データも掲載されている。

東京23区の世帯用社宅の月額使用料データが掲載されていたので、可視化してみた(次図)。

自社保有か借り上げかに関わらず、総じて「転勤あり」のほうが「転勤なし」よりも月額使用料が安い。社命により転勤先への異動を強いられるのだから、「転勤あり」のほうが安いのは納得できる。

自社保有の場合は、「80m2以上」「転勤なし」でも月額4万円を下回っている。それに対して借り上げだと、「80m2以上」で「転勤あり」は月額4万円を下回るが、「転勤なし」だと8万7千円に跳ね上がる。
ただ、それでも個人で賃貸マンションを借りるよりはかなり安い。

民間企業の世帯用社宅の平均使用料(東京23区)
 

LIFULL HOME'Sで、賃貸マンションを調べると、50~60m2でも23区の平均で月額約14万円。80~90m2だと18万円を超える(次図)。

フリーランスは辛い……。

民間企業の世帯用社宅の平均使用料(東京23区)

あわせて読みたい

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.