不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


中国人投資家向け!港区高額マンションの実態

中国人向けの日本の不動産物件売買プラットフォーム「神居秒算」に掲載されている物件を可視化してみたら、東京・大阪のマンションが圧倒的に多いことと、23区では港区では高額なマンションの件数が多いことが判明した。

※詳細は昨日の記事「神居秒算|中国人投資家による日本の不動産への投資状況を可視化してみた」を参照。

本日は、神居秒算に掲載されている港区のマンション272件のうち、高額マンション68件(「90m2以上」かつ「9,600万円以上」。次表、丸囲み)の実態に迫る。

「神居秒算」マンション掲載件数【港区】
神居秒算|中国人投資家による日本の不動産への投資状況を可視化してみた」より


もくじ

大半が2001年以降に竣工した物件

港区のマンション272件のうち、「90m2以上」かつ「9,600万円以上」で掲載されている68件について(以下同じ)、横軸を竣工年、縦軸を価格で描いたのが次図。

大半が2001年以降に竣工した物件で(つまり築19年より浅い)、2億円から8億円に集中している。

「神居秒算」港区マンション掲載物件 「90m2以上」かつ「9,600万円以上」68件

価格が突出しているのは次の2件。

  • 12億2,880万円:南麻布4丁目、4室321.87m2、7階住戸/8階建て
  • 9億7,280万円:南青山5丁目、3室173.42m2、7階住戸/7階建て

竣工年が最も古いのは1968年8月竣工(築52年!)の億ション。

  • 1億1,960万円:白金台5丁目 、3室113.90m2、3階住戸/8階建て

羽田新ルートが通過する地域の物件が多い!?

68件を「地区別の件数」で描いたのが次図。

南青山、六本木、三田・港南の順に多い。

「神居秒算」港区マンション掲載物件 「90m2以上」かつ「9,600万円以上」68件 【地区別の件数】


68件を地図の落としてみた(次図)。

羽田新ルートが通過する地域の物件が多いように見えなくもない。

「神居秒算」港区マンション掲載物件 「90m2以上」かつ「9,600万円以上」68件 【地区別の件数】

高額マンションの25%が40階超

68件を「階建て別の件数」で描いたのが次図。

40階超が17件。全体の25%を占めている。

「神居秒算」港区マンション掲載物件 「90m2以上」かつ「9,600万円以上」68件 【階建て別の件数】

40階超17件の具体的な内容は次の通り。

※建物階数が高い順

  • タワーA(高輪)【3件】46・43・39階住戸/47階建て
  • タワーB(東新橋)【4件】42・39・22・16階住戸/47階建て
  • タワーC(赤坂)【1件】42階住戸/45階建て
  • タワーD(港南)【1件】42階住戸/43階建て
  • タワーE(六本木)【1件】5階住戸/43階建て
  • タワーF(港南)【4件】41・40・21・16階住戸/42階建て
  • タワーG(白金)【3件】42・42・42階住戸/42階建て

タワーG(白金)3件は全て最上階住戸。羽田新ルートC滑走路到着ルート(南風時の15~19時、1時間当たり30機通過)の直下で、かつ3住戸とも機影が迫ってくる北向き系住戸(北西向き、北東向き、北向き)。羽田新ルートは重説で義務化されていないので、現地を見ずに買う中国人に売る作戦か……。

あわせて読みたい

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.