不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア

個人向け核シェルターの製品・価格情報(まとめ)

北朝鮮の核実験や中距離弾道ミサイル「火星12」やICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14」などで国際情勢が不安定化し、いよいよ日本でも個人向け核シェルターの需要が高まるのか……。

米国製の個人向け核シェルターの製品・価格情報をまとめてみた。


もくじ

個人向け核シェルター、米から海上輸送(日経記事)

北朝鮮の核実験などで国際情勢が不安定化しており核シェルターの需要は高まっている。実際に海外から輸入する例は極めて珍しいという。

個人向け核シェルター、米から海上輸送 エーアイテイー

国際混載輸送のエーアイテイーは米社が受注した個人住宅向けの核シェルターを国内へと海上輸送する。国内の建築会社と不動産会社が1つずつ展示用に購入した。北朝鮮の核実験などで国際情勢が不安定化しており核シェルターの需要は高まっている。実際に海外から輸入する例は極めて珍しいという。

 輸入住宅などを手掛けるアンカーハウジング社が販売する小型シェルター2つをエーアイテイーが初めて海上輸送する。9月中旬にカリフォルニア州ロングビーチ港を出航し、10月5日に博多港に到着する見通し。その後、鹿児島県の建設会社などに届けられる予定だ。核シェルターの価格は輸送費込みで1500万円という。(以下略)

(日経新聞 10月2日)

 

米国製の個人住宅向け核シェルターの輸入販売を手掛けるアンカーハウジング社。すでに13棟の注文が入っているという社長のコメントを『NEWS23』が伝えている。

A社製品「BombNado」価格情報

アンカーハウジング社が運営している防災シェルターの販売ページには、3つのタイプの製品の間取り図が掲載されている。

同販売ページには価格情報が全く掲載されていないので、製品販売元と思われる米国のメーカーのサイト「BombNado」をひも解いてみた。

同サイトには5つのタイプの製品の間取り図と価格が掲載されている。

  • ※下記価格(1ドル112円換算)は、空気清浄機、LED照明を含む製品価格。設置費用、輸送費用は含まれていない。
    また、折り畳み可能な二段ベッド、折り畳み式ソファ、トイレ、洗面化粧台、薄型テレビ、ソーラーバッテリーなども価格には含まれていない。
  • ※下記間取り図は、筆者が作成したイラスト。

1~2人用、食料保存期間6か月

2.4×2.4m(2,128万円)

8' x 8' BombNado $18,999

3~4人用、食料保存期間8か月

2.4×3.0m(2,240万円)

8' x 10' BombNado $19,999

3~4人用、食料保存期間12か月

2.4×3.7m(2,688万円)

8' x 12' BombNado $23,999

5~6人用、食料保存期間12か月以上

2.4×4.9m(3,696万円)

8' x 16' BombNado $32,999

7~8人用、食料保存期間12か月以上

2.4×6.1m(3,920万円)

8' x 20' BombNado $34,999

B社製品「RISING S BUNKERS」価格情報

テキサス州に本社を置くRISING S社が販売している核シェルターは下記のとおり、サイズ・種類とも「BombNado」の製品よりも豊富(個人向けだけでなく、企業用も含む)。

※下記価格(1ドル112円換算)には、運搬費と設置費用は含まれていない。A社製品「BombNado」と違い、空気清浄機やLED照明だけでなく、ベッドや棚、トイレなども含んだ製品価格。

  • 2.4x3.7m(ミニ・シェルター)442 万円
  • 3x6m(標準シリーズ|ベースモデル)655 万円
  • 3×6m(標準シリーズ|アップグレードモデル)734 万円
  • 3×9m(標準シリーズ|ベースモデル)834 万円
  • 3×9m(標準シリーズ|アップグレードモデル)902 万円
  • 3×12m(標準シリーズ|ベースモデル)958 万円
  • 3x12m(標準シリーズ|アップグレードモデル)1,070 万円
  • 3x15m(シルバーリーフシリーズ|サイドエントリー)1,462 万円
  • 3x15m(シルバーリーフシリーズ|隠れ家)1,372 万円
  • 3x15m(フリーダムシリーズ|邸宅)1,781 万円
  • 3x15m(フリーダムシリーズ|パイオニア)1,781 万円
  • 6x6m(提督シリーズ)1,747 万円
  • 6x15m(提督シリーズ)3,226 万円
  • 223m2(エクストリームシリーズ)4,469 万円

A社とB社の製品価格の比較

A社製品「BombNado」とB社製品「RISING S BUNKERS」を比較してみた。

横軸を室面積、縦軸を製品価格で描いたのが次のグラフ。

米国製核シェルターの製品価格

ザックリいうと、室面積10m2程度でA社製品(BombNado)300万円、B社製品(RISING S BUNKERS)500万円。B社のほうが高いのは、製品価格にベッドや棚、トイレなどの価格も含まれているためと思われる。


核シェルター本体の製品価格は300~500万円(室面積10m2)。それほど高いものではない。

冒頭の日経記事では、「核シェルターの価格は輸送費込みで1500万円」とされていた。米国からの海上輸送費(保険などを含む)のほか、国内の運搬費、現地での据え付け費、据え付けるための土工事、試運転調整費などを含めると、1千万円を超えるということなのだろう。もちろん、国内代理店の経費も含まれている。 

あわせて読みたい

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2019年6月1日、このブログ開設から15周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.