不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


コンビニが民泊の窓口になる日も近い!?

家主不在の投資型が多い日本のガラパゴス民泊。

住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行に向けて、このガラパゴス民泊はさらに進化しそうだ。

そう考えたのは、最近立て続けに報じられた次の3つの情報に接したからだ。

これら3つの状況から予想されるのは、国税局の摘発を恐れた闇民泊が合法民泊に生まれ変わるとともに、その合法民泊に宿泊するときの本人確認をコンビニが代行するビジネスが展開されるという状況だ。

コンビニにとっては、フロント代行フィーだけでなく、宿泊者がついでにモノを買っていくことが期待できる。コンビニと民泊のフロント代行はシナジー効果が高いのではないか。

民泊はコンビニでチェックイン!

ひょっとすると、民泊事業に乗り出している〇天あたりが既に、大手コンビニと交渉を進めていたりして……。

あわせて読みたい

2021年6月1日、このブログ開設から17周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.