不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、不動産(マンション購入・賃貸)に係る分析記事を提供しているブログメディア


無反応な日本人!? 「各国国民の観光意識調査」

国際連合の世界観光機関(UNWTO)が「各国国民の観光意識調査」結果を公表。
肯定的な調査項目であろうが、否定的な調査項目であろうが、ほとんどの項目で最下位の日本。


もくじ

オーストラリア国民の68%「都市部の観光客が多すぎる」

オーストラリア国民の68%が「都市部の観光客が多すぎる」と考えており、これもフランスでは約30%、アメリカでは38%、イギリスでは44%、スペインで59%となっている。

観光は経済にプラス、生活にはマイナス

国際連合の世界観光機関(UNWTO)の各国国民の観光意識調査が発表され、オーストラリアでは、回答者の半数が「観光は経済にプラスになり、雇用を創出しているが、都市部の混雑や物価高の原因になっている」と考えていることが明らかになった。(中略)
また、オーストラリア国民の68%が「都市部の観光客が多すぎる」と考えており、これもフランスでは約30%、アメリカでは38%、イギリスでは44%、スペインで59%となっている。ただし、2017年の世界各都市の観光客数はシドニーが1,480万人、パリが4,000万人、ロンドン、ニューヨーク、ロサンジェルス、バルセロナなどもいずれもシドニーの2倍以上の観光客が訪れている。(以下略)

日豪プレス 2月10日

この意識調査は15か国、12万人を対象に(各国500~1,000人。日本は1,000人)、18年12月21日から19年1月14日にかけて実施されたネット調査。

日豪プレスの情報源となっている、世界観光機関が1月25日に公表した「各国国民の観光意識調査」(Citizens recognize the positive impact of tourism)を確認してみよう。

「都市部の観光客が多すぎる」1位オーストラリア

「都市部の観光客が多すぎる」と考えている割合が最も高いのは、オーストラリア(68%)。最も低い国はスランスと日本(33%)。観光大国フランスの割合が低いというのは意外。

「都市部の観光客が多すぎる」

「都市観光産業の管理を強化すべき」1位アルゼンチン

「都市観光産業の管理を強化すべき」と考えている人の割合が最も高いのは、アルゼンチン(75%)。3位韓国(67%)に対して、日本はドイツと共に最下位(24%)。

「都市観光産業の管理を強化すべき」

観光産業は「富と収入を生み出す」1位オーストラリア

「富と収入を生み出す」観点から、観光産業を肯定的に捉えている割合が最も高いのは、オーストラリア(72%)。日本は圧倒的に低い(25%)。

観光産業は「富と収入を生み出す」

観光産業は「異文化間の交流を生み出す」1位アルゼンチン

「異文化間の交流を生み出す」観点から、観光産業を肯定的に捉えている割合が最も高いのは、アルゼンチン(65%)。次いで韓国(64%)。

日本はここでも圧倒的に低い(31%)。

観光産業は「異文化間の交流を生み出す」

観光産業は「混雑を引き起こす」1位韓国

「異文化間の交流を生み出す」観点から、観光産業を否定的に捉えている割合が最も高いのは韓国(65%)。

日本はここでも最下位(35%)。

観光産業は「混雑を引き起こす」

ほとんどの項目で最下位の日本

肯定的な調査項目であろうが、否定的な調査項目であろうが、ほとんどの項目で最下位の日本(次図)。

8項目のうちで唯一最下位を免れたのは、「輸送コストを増加させる」観点からの項目だけ。日本(28%)よりも低い国は、フランス(26%)だけ。

無反応な日本人!?


従順な国民性というか、飼いなされた国民性というか。無反応な首都圏民の頭上を航空機が通過する日は近づいている……。
羽田新ルート|運用開始に向けたカウントダウン

[PR] SUUMO タワーマンションを探す!販売前の資料請求が成功の秘訣人気の新築マンション

2020年6月1日、このブログ開設から16周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.