不動産ブログ「マンション・チラシの定点観測」

首都圏を中心に、マンション選びのためのお役立ち情報を提供しています


新築・中古マンション情報、どのサイトで調べればいい?

新築・中古マンションの情報はどのサイトで調べればいいのか。

Gomezがユーザー視点で評価・ランキング付けしている情報が参考になる。

(株)ブロードバンドセキュリティ(BBSec)は 2月17日、Gomezのサイトで「売買不動産情報スマホサイトランキング」を発表。

※BBSecは21年7月にモーニングスター(株)からGomezを運用するゴメス・コンサルティング事業を継承している。


もくじ

LIFULL 総合1位

今回発表されたサイトは次の13社。LIFULLHOME'Sが1位。

※( )内の数値は、「総合評価」の得点。理論上の最高得点は10点、最低点は0点とされている。

  • 1位:LIFULLHOME'S(7.67)
  • 2位:SUUMO(7.47)
  • 3位:東急リバブル(7.36)
  • 4位:アットホーム(6.82)
  • 5位:Yahoo!不動産(6.54)
  • 6位:三井のリハウス(6.51)
  • 7位:オウチーノ(6.44)
  • 8位:ノムコム(6.42)
  • 9位:ニフティ不動産(6.38)
  • 10位:goo住宅・不動産(6.18)
  • 11位:スマイティ(6.14)
  • 12位:住友不動産販売(6.10)
  • 13位:センチュリー21(5.02)

4つのカテゴリで評価が分かれる、LIFULLとSUUMO

調査はBBSec社のアナリストが実際にウェブサイトを使って、次の4つの視点(カテゴリ)から考えられた191の調査項目に基づいて行われているという。

  • サイトの使いやすさ
  • 情報量とコンテンツ
  • 安定性と信頼感
  • 便利な機能・サービス

Gomezのサイトでは、4つのカテゴリ別のランキングを見るためには、いちいちリンク先を開かなければならない。そこで全体を俯瞰できるように、4つのカテゴリの得点も含めて、可視化してみた(次表)。

4つのカテゴリでLIFULLHOME'SとSUUMOの評価が分かれる。特に、SUUMOは「情報量とコンテンツ」で5位(6.58)と低評価。

「売買不動産情報スマホサイト」ランキング(2022年2月)

LIFULL HOME'SとSUUMOが上位争いを続けている

13年以降に発表され売買不動産情報(スマホ)サイトのランキングをまとめてみた(次表)。

LIFULL HOME'SとSUUMOが上位争いを続けていることが分かる。

売買不動産情報(スマホ)サイトのランキング推移

※18~21年は発表されていない。
※13~15年はPCとスマホを区別する表現は見当たらない。

 

新築・中古マンション情報はLIFULL HOME'SかSUUMOで調べればいい、というのが現時点での結論。

あわせて読みたい

新型コロナの影響で不動産情報サイト(4社)の登録件数はどう変化したか

2022年6月1日、このブログ開設から18周年を迎えました (^_^)/
Copyright(C)マンション・チラシの定点観測. All rights reserved.